新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

新株発行無効の訴え(しんかぶはっこうむこうのうったえ)

新株発行無効の訴え(しんかぶはっこうむこうのうったえ)

【新株発行無効の訴え(しんかぶはっこうむこうのうったえ)】

不正目的の新株発行を、発行後に無効になるよう裁判所に訴えること。

新会社法では、この訴訟を起こすための期間が緩和されました。

今までは、無効の訴えを6ヶ月以内に起こさなければいけなかったのですが、
準備に色々かかるため新株の発行された日から、1年以内に訴えを起こせばよい、
と改正されました。



新株発行無効の訴え(しんかぶはっこうむこうのうったえ)