新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

新株発行の差止め(しんかぶはっこうのさしどめ)

新株発行の差止め(しんかぶはっこうのさしどめ)

【新株発行の差止め(しんかぶはっこうのさしどめ)】

不正目的の新株発行を、株式の発行前に差し止めること。

新株発行を悪用する人がいることも事実です。
本来、資金調達を目的にしているのに、経営権を争い邪魔な株主を排除しようとして、
新株が発行されることもあるのです。


そんな不正は見逃せません!
株主が、「新株発行ストップ!」と発行の差止めを請求することが可能で、
株主も自分を守るため、対抗手段が与えられているのです。

※新株発行後の場合は、新株発行無効の訴えを起こすことができます。


新株発行の差止め(しんかぶはっこうのさしどめ)