新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

取得請求権付株式(しゅとくせいきゅうけんつきかぶしき)

取得請求権付株式(しゅとくせいきゅうけんつきかぶしき)

【取得請求権付株式(しゅとくせいきゅうけんつきかぶしき)】

株主が会社に株式取得を請求することができる株式のこと。

例えば…
会社が2種類のA、Bの株式を発行しているとします。
A株式→業績に応じ配当が決まる
B株式→一定額
経営が思わしくない場合は、B株式を求め、業績がいいときにはA株式を求めるのが、
株主ですよね。
株主がAからB、BからAへ株式を転換できる、そのニーズに応えてくれたのが、従来の転換予約権付株式なのです。(現在は廃止)

新しく導入された、取得請求権付株式は下記のように、同じような効果が得られます。

株主はB株式の取得を請求する場合、対価としてA株式を引き換える必要があります。
つまり、何らかの対価と引き換えに取得することが可能なのです。


取得請求権付株式(しゅとくせいきゅうけんつきかぶしき)