新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

強制転換条項付株式(きょうせいてんかんじょうこうつきかぶしき)

強制転換条項付株式(きょうせいてんかんじょうこうつきかぶしき)

【強制転換条項付株式(きょうせいてんかんじょうこうつきかぶしき)】

前もって定款に定めたことが起こったとき(もしくは一定期間が過ぎたとき)、
他の種類の株式に変更することができる株式のこと。

例えば…
定款に「5年後A株式をB株式(優先株式)に転換できる」と記載しておくと、
時期が来るとB株式に転換でき、効率的に配当のサービスを中止することができるのです。

新会社法ではこの、強制転換条件付株式は廃止されましたが、
代わりに同じ効果を持つ取得条項付株式が導入されました。


強制転換条項付株式(きょうせいてんかんじょうこうつきかぶしき)