新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

株主割当て(かぶぬしわりあて)

株主割当て(かぶぬしわりあて)

【株主割当て(かぶぬしわりあて)】

株主割当て(かぶぬしわりあて)とは新株発行の際、引受け権を与えること。

会社が資金を必要とする際、資金調達を目的として新しく株を発行します。
株主はその株を割当ててもらう権利があるのです。

しかし・・・

株主に必ずしも割当てがあるとは限りません。

会社としても資金調達を優先するため、
株主に割り当てるか、第三者に割り当てるかは基本的に自由です。

定款に「株主には必ず新株を割り当てる」と定めていれば別。


株主割当て(かぶぬしわりあて)