新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

非公開会社(ひこうかいがいしゃ)

非公開会社(ひこうかいがいしゃ)

【非公開会社(ひこうかいがいしゃ)】

有限会社にあった小規模企業向けの規定が新会社法では非公開会社(株式会社)に当たります。

非公開(株式)会社とは、発行する株式について、譲渡による取得をする場合、
その株式会社の承認を必要とする規定がある株式会社をいいます。

かんたんに言うと、株式を誰かに渡す場合、
会社の承認が必要ですよ。ということを定款に書いている株式会社のことです。


新会社法で非公開会社は機関の設置や役員の任期などについて大きな改定がおこなわれています。

非公開会社は所有と経営が一致(株主=経営者)しているため、
取締役=株主という状態です。

この場合、監査グループや監査役は必要ないので、
監査役の設置はしてもしなくてもよいということになります。

また、会計参与会計監査人の設置も自由です。



非公開会社(ひこうかいがいしゃ)