新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

電子定款(でんしていかん)

電子定款(でんしていかん)

【電子定款(でんしていかん)】

電子定款とは
定款をPDFなどの指定されたファイル保存形式でフロッピーなどに保存し、
提出する定款のことをいいます。

電子定款は、定款認証の際に必要だった収入印紙4万円分が不要になるというメリットがあります。

公証人役場にはPDFに保存した定款をフロッピー1枚、さらにプリントアウトした定款2通を持参し、
公証人の認証を受けます。

公証人役場には電子定款のPDFと認証文のデータファイルが保管され、
フロッピーは会社で保管し、プリントアウトして作成した定款2通のうち1通は法務局へ
登記申請時に添付書類として提出し、もう1通は会社で保管します。

詳しくは電子定款のつくりかたをご参照ください。


電子定款(でんしていかん)