新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

設立登記後に社会保険庁に届ける書類

設立登記後に社会保険庁に届ける書類

会社を設立したら社会保険へ加入することが義務づけられています。

加入の手続きは本店所在地の管轄の社会保険事務所になります。

社会保険には健康保険、介護保険、厚生年金保険があり、
社会保険事務所に提出しなければならない書類は下記表の4つです。


下記表のリンク先は社会保険庁ホームページにあるPDFです。
そのままプリントアウト、ダウンロードして使えます

社会保険庁に届ける書類
健康保険・厚生年金保険新規適用届
新規適用事業所現況書
健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届
健康保険被扶養者(異動)届

注意!
会社を設立してから5日以内に提出しなければなりません。


設立登記後に社会保険庁に届ける書類