新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

設立登記後に市区町村に届ける書類

設立登記後に市区町村に届ける書類

税務署への届出で、法人設立届出書を作成しましたが、
地方公共団体への地方税を払わなければならないため、
本店所在地の市町村役場にも法人設立届出書を届けなくてはいけません。

提出書類は法人設立届出書、定款等の写し、登記標本です。
提出期限は会社設立後1ヵ月ですので注意してください。

注意!
東京23区内にある場合は下記のようになります。

受付窓口=管轄の都税事務所
提出書類=事業開始等申告書・定款の写し・登記標本
提出期限=事業開始の日から15日以内


設立登記後に市区町村に届ける書類