新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

新会社法による会社設立のすべて~免責事項~

新会社法による会社設立のすべて~免責事項~

免責事項

新会社法による会社設立のすべては会社設立を勧誘するものではありません。
情報提供を目的として作られたサイトです。

新会社法による会社設立のすべてでは正確な情報を提供することを心がけていますが、
本サイトを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等に関し、
いかなる責任も負わないものとします。

本サイトのリンク元サイトがいかなるサイトでもそのサイトに関して責任等は負いません。


禁止事項

画像の持ち出しや画像に対する直リンク。
本サイトの財産権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
犯罪行為、公序良俗に反する行為、その他法令に違反する行為、またはそのおそれのある行為。

基本的にはリンクフリーですが、アダルトサイト、宗教的サイト、
暴力的内容のサイトのリンクはお断りしています。


株式会社を設立するには、何かと準備や手続きが必要です。

1からすべて自分でやろうとするとなかなか時間がかかってしまうもの。
専門家に頼むとコストがかかってしまうし。。

でも。。。

書類の書き方に自信がない。
必要書類はこれで大丈夫なのか?
定款の記載事項は本当にこれでいいのか?

など、準備しながらも不安になることや、
わからないことも出てくることが多いようです。

当サイトではできるだけ基本的な新会社法と会社設立について
わかりやすく説明し、便利なPDFや定款のサンプル等をご用意しましたが、

この場合はどうすればいいですか?

といったお問合せメールが来ます。

そんな方のために便利な無料サービスをご紹介します。

会社設立の相談ができたり、詳しい会社設立についての
資料を請求できる行政書士事務所の会社設立無料相談行政書士事務所の会社設立無料相談です。

会社を設立すると一言で言っても、
会社にはさまざまなサービスや会社の形態、スタイルがあり、
それによって、定款の記載事項が変わったり、
官公庁に提出する書類が増えたり、減ったりします。

当サイトでは、基本的な株式会社設立の情報しかご提供できていません。

あなたが設立したい会社は、当サイトの情報では不十分である可能性もあります。

行政書士事務所に相談というと敷居が高いように感じてしまう、
営業の電話や、来社して相談しなくてはならないのでは?
と不安になりますよね。

そういった方は是非、資料請求または、相談をしてください。
もちろんメールや電話、FAXでの相談です。
また、スカイプでの相談もできるようになります。

無料の資料請求や相談はこちらから
>>会社設立無料相談<<


会社設立の際の面倒な書類提出は、一度で済ませたいですよね。
独学する時間や努力もとても大事ですが、
独立開業をするまでの時間を短縮するのであれば、
プロの力を借りるというのも手ですね。

自宅でプロに相談をしながら開業できます。
もちろん無料です。
わからないことは自分で調べるより、
専門家に聞いた方が早いですよね?
>>行政書士が無料で回答!<<



新会社法による会社設立のすべて~免責事項~