新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

有限会社から、株式会社にするには?

有限会社から、株式会社にするには?

新社会法でどうなる有限会社?!

有限会社の社長、クローディアは子育てと会社の営業に大忙し。新会社法のことなんて最近知りました。いったい何の手続きが必要なのかもよくわかりません。有限会社はなんの手続きが必要なの??株式会社にしたほうがいいの?

有限会社を続けるには手続きが必要?

有限会社から、株式会社にするには?



さて、新会社法によって有限会社は新たに設立できなくなってしまいましたが、
現在の有限会社は特例有限会社として存続できることがわかりました。


しかし、新会社法では、有限会社型株式会社という、
従来の有限会社のような株式会社を機関設定できるようになっています。


新会社法では、特例有限会社は株式会社になるのも簡単です。


今まで有限会社が株式会社に変わることは組織変更でしたが、
新会社法での株式会社への移行は商号変更として扱われます。


新しい定款の承認、最低資本金制度がないので、
商号変更の決議、特例有限会社としての解散登記と
株式会社の設立登記を申請する
だけです。


ただし、株式会社に一度変更したら、もう二度と特例有限会社には戻れません。

株式会社にする場合、役員の任期の規定が適用され、
貸借対照表の公告の義務が発生します。

特例有限会社のメリット、デメリット、
株式会社のメリット、デメリットをよく考えてからにしましょう。


有限会社から、株式会社にするには?