新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

条文がよみやすくなった

条文がよみやすくなった

新会社法では、用語の整理が行われ、
解釈が不透明でわかりにくかった規定が整理されます。

また枝番条文といって、条文の住所のような長かった表記もなくなり、
条文が短くなります。

旧法では、カタカタで書かれていた、読みにくい文も
新会社法ではひらがなになります。


カタカナで書かれていた条文の例

第1項ノ期間内ニ発行スル株式ニシテ利息ノ配当ヲ為スモノノ発行価額ハ
同項ニ定ムル利息ノ年額ノ20倍ヲ下ルコトヲ得ズ


条文がよみやすくなった