新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

株式の消却(かぶしきのしょうきゃく)

株式の消却(かぶしきのしょうきゃく)

【株式の消却(かぶしきのしょうきゃく)】

新会社法では、株式会社が株主から取得した自己株式を消却することを、
株式の消却といいます。

旧法では、株主の持つ株式を直接消却することも株式の消却といい、
それぞれ、別の規定がありました。

株式の消却により、自己株式の数と発行済株式数が減少し、
株主名簿の修正と、株券を発行している場合にはその廃棄手続きが必要になります。


株式の消却(かぶしきのしょうきゃく)