新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

株券不発行制度(かぶけんふはっこうせいど)

株券不発行制度(かぶけんふはっこうせいど)

【株券不発行制度(かぶけんふはっこうせいど)】

旧商法では、株式会社には株券の発行が義務づけられていましたが、
新会社法では、株券を発行しないことが原則となりました。
これを株券不発行制度といいます。

しかし、株券を提出しなければならないケースもいくつかあります。

吸収合併や新設合併により、会社がなくなってしまう場合、
なくなってしまう方の会社の株主に対して、株券の提出が義務付けられます。

また、株式交換、株式移転、組織変更、
取得条項付株式の取得時などにも、株券提出の公告や通知が必要となります。


株券不発行制度(かぶけんふはっこうせいど)