新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

債権者の保護(さいけんしゃのほご)

債権者の保護(さいけんしゃのほご)

【債権者の保護(さいけんしゃのほご)】

債権者と会社は大きな利害関係を持っているため、
資本金を減らす、減資を行う場合、合名会社を株式会社に変える場合など、
会社の財政状況等に大きな影響を与える場合
会社の債権者に対して、その旨を伝え、同意を得なければなりません。
もし債権者から意義があった場合、その債権者への借金を返すなどの処置をとります。

これを債権者の保護といいます。


債権者の保護(さいけんしゃのほご)