新会社法によって変わった会社設立

2006年に新会社法が適用され以前の会社設立とは大きく変わりました。
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
有限会社は新会社法以後は設立できなくなりました。
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:決算書の計算書類の変更更新履歴

親会社(おやがいしゃ)

親会社(おやがいしゃ)

【親会社】

株式会社を子会社とする会社そのほかの当該株式会社の経営を支配している法人としての法務省令で定めるものをいう。

かんたんにいうと他の株式会社を子会社とする会社のこと。

新会社法では親会社と子会社の定義が変わりました。

旧商法
新会社法
親会社 他の株式会社、有限会社の議決権の過半数を握っている株式会社、有限会社 他の株式会社を子会社とする会社。他の株式会社の経営を支配しているものとして法務省令で定められている法人
子会社 他の会社によって議決権の過半数を握られている株式会社もしくは有限会社 他の会社によって議決権の過半数を握られている株式会社。他の株式会社の経営を支配しているものとして法務省令で定められている法人

新会社法では、子会社が合併を行なう場合、親会社の株式の取得を認められるようになりました。
また、子会社が合併をおこなう場合など取得できる例外が拡張されます。


親会社(おやがいしゃ)