新会社法によって変わる会社設立

新会社法とは今までの会社設立と何がどう違うのでしょうか?
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
今後どうなるか?合同会社(LLC)、個人事業との違いや特徴
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:物的会社(ぶってきかいしゃ)更新履歴

新会社法 用語集は行

sponsored link
icon.gif 物的会社(ぶってきかいしゃ)
icon.gif 募集事項(ぼしゅうじこう)
icon.gif 募集株式の発行等(ぼしゅうかぶしきのはっこうとう)
icon.gif 端株(はかぶ)
icon.gif 発行可能株式総数(はっこうかのうかぶしきそうすう)
icon.gif パススルー
icon.gif 非公開会社(ひこうかいがいしゃ)
icon.gif 物的会社(ぶってきかいしゃ)

新会社法 用語集は行

物的会社(ぶってきかいしゃ)

【物的会社(ぶってきかいしゃ)】

有限会社と株式会社のこと。

信用が財産にあるという意味で、人的会社と対比されています。


物的会社(ぶってきかいしゃ)

募集事項(ぼしゅうじこう)

【募集事項(ぼしゅうじこう)】

募集株式の発行等を行う際、募集株式の数や対価など決定しなければいけない事項のこと。


募集事項(ぼしゅうじこう)

募集株式の発行等(ぼしゅうかぶしきのはっこうとう)

【募集株式の発行等(ぼしゅうかぶしきのはっこうとう)】

会社が事業拡大のため資金調達を目的に、新たに株を発行すること。

新会社法では、別々に規定されていた新株の発行自己株式の処分を、
一本化し手続きがまとめられました。


※今までは、新株の発行と呼ばれていてましたが、タイトルが変更になりました。


募集株式の発行等(ぼしゅうかぶしきのはっこうとう)

端株(はかぶ)

【端株(はかぶ)】

株式の併合(へいごう)を行い発行株数を減らした場合、
たとえば2株を1株に併合した場合、1株しかもっていなかった人は、
2分の1株になってしまいます。
この1株に満たない株を端株といいます。

端株の所有者には一定の権利を認めていましたが、
新会社法では端株の制度は廃止され、単元株制度に一本化されることになりました。


端株(はかぶ)

発行可能株式総数(はっこうかのうかぶしきそうすう)

【発行可能株式総数(はっこうかのうかぶしきそうすう)】

会社が発行する株式の総数。

今までは定款で必ず記載しなければいけない事項でしたが、
新会社法では、設立の時に出資される財産の価額と最低額を記載すればいいことになりました。

発行する株が10株あるのに、株主になってくれる人が見つからず、
実際は5株分しか資本金が集まらなかった場合も
定款に記載した最低額の資本金があれば、
設立が可能となりました。


発行可能株式総数(はっこうかのうかぶしきそうすう)

パススルー

【パススルー】

LLPの適用される構成員課税のことをパススルーを言います。


パススルー

非公開会社(ひこうかいがいしゃ)

【非公開会社(ひこうかいがいしゃ)】

有限会社にあった小規模企業向けの規定が新会社法では非公開会社(株式会社)に当たります。

非公開(株式)会社とは、発行する株式について、譲渡による取得をする場合、
その株式会社の承認を必要とする規定がある株式会社をいいます。

かんたんに言うと、株式を誰かに渡す場合、
会社の承認が必要ですよ。ということを定款に書いている株式会社のことです。


新会社法で非公開会社は機関の設置や役員の任期などについて大きな改定がおこなわれています。

非公開会社は所有と経営が一致(株主=経営者)しているため、
取締役=株主という状態です。

この場合、監査グループや監査役は必要ないので、
監査役の設置はしてもしなくてもよいということになります。

また、会計参与会計監査人の設置も自由です。



非公開会社(ひこうかいがいしゃ)

物的会社(ぶってきかいしゃ)

【物的会社(ぶってきかいしゃ)】

今までは会社の分類として、
合名会社(ごうめいがいしゃ)、合資会社(ごうしがいしゃ)を人的会社。
有限会社、株式会社を物的会社というわけかたをされていました。

新会社法では合名会社、合資会社以外に、合同会社が加わり、
持分会社という分類になります。


物的会社(ぶってきかいしゃ)