新会社法によって変わる会社設立

新会社法とは今までの会社設立と何がどう違うのでしょうか?
新社会法によって有限会社を新たに設立することができなくなり、
今後どうなるか?合同会社(LLC)、個人事業との違いや特徴
資本金や取締役、会社の機関、定款、新会社法の用語集...
わかりにくい会社設立を簡単にご説明します!

更新履歴:親会社(おやがいしゃ)更新履歴

新会社法 用語集あ行

sponsored link
icon.gif 親会社(おやがいしゃ)
icon.gif 黄金株(おうごんかぶ)
icon.gif 営利目的の社団法人(えいぎょうもくてきのしゃだんほうじん)
icon.gif 営業報告書(えいぎょうほうこくしょ)
icon.gif 委員会設置会社(いいんかいせっちがいしゃ)
icon.gif 違法配当(いほうはいとう)

新会社法 用語集あ行

親会社(おやがいしゃ)

【親会社】

株式会社を子会社とする会社そのほかの当該株式会社の経営を支配している法人としての法務省令で定めるものをいう。

かんたんにいうと他の株式会社を子会社とする会社のこと。

新会社法では親会社と子会社の定義が変わりました。

旧商法
新会社法
親会社 他の株式会社、有限会社の議決権の過半数を握っている株式会社、有限会社 他の株式会社を子会社とする会社。他の株式会社の経営を支配しているものとして法務省令で定められている法人
子会社 他の会社によって議決権の過半数を握られている株式会社もしくは有限会社 他の会社によって議決権の過半数を握られている株式会社。他の株式会社の経営を支配しているものとして法務省令で定められている法人

新会社法では、子会社が合併を行なう場合、親会社の株式の取得を認められるようになりました。
また、子会社が合併をおこなう場合など取得できる例外が拡張されます。


親会社(おやがいしゃ)

黄金株(おうごんかぶ)

【黄金株(おうごんかぶ)】

M&A、敵対的買収に対する防護策のひとつを黄金株といい、
黄金株を持つと、M&Aなどによる合併などの重要なことについて、
拒否権を出せるものです。
新会社法では、黄金株を発行する会社の上場禁止方針が打ち出されました。
新会社法で施行されるかはまだわかりません。


黄金株(おうごんかぶ)

営利目的の社団法人(えいぎょうもくてきのしゃだんほうじん)

【営利目的の社団法人】

利益をもとめ同じ目的をもって集まった団体(社員)に
その利益を分配することを目的とする会社のこと。


営利目的の社団法人(えいぎょうもくてきのしゃだんほうじん)

営業報告書(えいぎょうほうこくしょ)

【営業報告書】

営業報告書は新会社法における事業報告に当たる書類です。
今までは会社の財政状況を報告する計算書類の中に含まれていましたが、
新会社法では計算書類には含まれません。
ですが、計算書類等というカテゴリで株式会社での提出は義務づけられています。


営業報告書(えいぎょうほうこくしょ)

委員会設置会社(いいんかいせっちがいしゃ)

【委員会設置会社(いいんかいせっちがいしゃ)】

経営の合理化と適正化を目的として活動する委員会
(指名委員会、監査委員会、報酬委員会)がある会社のこと。
今までは大企業しか委員会設置会社になれませんでした。
新会社法では、委員会設置会社になることもできるようになりました。


委員会設置会社(いいんかいせっちがいしゃ)

違法配当(いほうはいとう)

【違法配当(いほうはいとう)】

配当による金銭等の分配を違法に行うこと。

会社は法律で定められた配当可能限度額を超えて配当することはできません。

違法配当をした場合、損害賠償義務が発生します。

旧法では委員会を設置していない会社は取締役の責任として無過失責任でしたが、
新会社法ではすべての会社が取締役の責任として過失責任とされます。



違法配当(いほうはいとう)